<< ペットショップの猫、その後 | main | 怠け者の私がスローステップをやってみた結果 >>
ほんとのことはわからない
このところ拡大し続けている「美味しんぼ」騒動。もう漫画自体は休載が決まったようですが・・・

原発事故から、もうはや三年、その間、たぶんいろんな物事が変わっていったんだと思うけれど、被災地から離れて暮らしていると、そのあたりのリアルなんてわかりようもないです。
被爆して鼻血が出るって、けっこう重い症状じゃないですか。しかも、感受性の高い子供でなく、そこにずっと住んでるわけでもなく、いい大人が取材のために一時的に福島を訪れた、というだけで、鼻血が出るっていう描写は、たとえ漫画的誇張だとしても、ちょっと胡散臭すぎるというか、常識で受け入れられる範囲を超えてるんじゃないかと、私個人は感じます。

「被爆→鼻血とか抜け毛」って、昔の漫画「はだしのゲン」のイメージですね。ああいうイメージをもっている人がたぶんたくさんいると思います。私たちの子供の頃は、反戦平和教育が盛んで、そういうコンテンツを読まされたり見せられたりしましたから。中には今思えば過激な資料などもあったので、私たちの世代は、かなり強烈なインパクトをもって、「放射能」「被爆」「鼻血」「抜け毛」「死の恐怖」・・・こういう単語なりイメージなりがごちゃっと一塊にトラウマ化してるように思います。なので、「被爆して鼻血」→「うわーっ、怖っ!」となるんですが、よくよく考えてみれば、原爆の爆心地付近で生き延びた人と、今回の福島原発事故周辺に住んでる人たちの状況って、まるで別。戦後の焼け野原ではなし、一応、いろんな技術も進んだ今なら各種検査もされているはずだし、ネット社会で情報筒抜けってところもあるので「福島では原因不明の鼻血を出している人がたくさんいる」とか、「取材やボランティアなどで福島に行った人の中で鼻血が出た人がたくさんいる」という現実があれば、もうとっくに誰かがツィッターや動画サイトやブログなどで公開して大騒ぎになってると思うんですけどね。

そりゃあ、あれだけの事故なんだし、今も収拾しきれてないんだから、付近住民の心身に与える負の影響は大きなものでしょう。いろんな健康被害が出ても当たり前って言うか、まったくないほうがおかしいと思いますが、なんでもむやみに「被爆のせい!」って怖がるのは違うと思うんです。ましてや、ちょっと取材に行っただけで鼻血出す描写とか、いくら漫画表現と言っても、読んでいる人が多い有名作品だし、その影響力の大きさを考えるべきでした。もっとも、作者にしてみれば、読者に対し、原発事故について真剣に考えてもらおうという目的があったのでしょうけど・・・福島に現在住んでいる人たちにとっては、この騒動、どういうふうに見えているんでしょうか。
| Fragments | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fragments.marineko.moo.jp/trackback/1053444
トラックバック
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE